人探しや証拠探しやプロの興信所や探偵へ|特定リサーチャー

新聞を読む男性

結婚調査の変遷と特徴

お見合いから出会い系へ

興信所で行われる結婚調査は昔から存在していました。 その依頼で多くのケースはお見合いによる結婚です。 お見合いでは限られた回数と時間で相手を見定める必要がありますが、現実的にはそれは不可能です。 そのため、お見合い以外の方法でお見合い相手を見定めるために興信所で結婚調査が行われるわけです。 しかし、最近ではお見合いは激減しています。 では結婚調査の依頼が減ったかと言うとそうではありません。 お見合いの代わりに、出会い系サイトなどネットで知り合うケースが増えてきているからです。 ネットで相手が職業や収入や人柄などをよく見せようとしているケースは少なくありません。 例え対面したとしてもそれを見破ることは難しいため、結婚調査を依頼することが増えています。

結婚調査の特徴とは

その結婚調査の特徴はとにかく身辺調査にあります。 特に有効とされているのが人間関係です。 会社の同僚や友人関係やご近所などを調査していけば、それだけでも生活態度・特技・趣味嗜好・性格・素行・宗教までが大方絞り込めます。 時には、そのターゲットの同僚や友人と接触することも少なくありません。 その一方で、ターゲット本人に接することは余程のことがない限りありません。 というのも、早々に本人と接してしまうとその後の調査の行動が限られてきてしまうからです。 もしも本人に接して調査することがあるなら、それは余程調査が進んでいないときは、調査の大詰めとなるときです。 このように、結婚調査は基本的に周辺の人々から調べ上げていきます。

Copyright © 2015 人探しや証拠探しやプロの興信所や探偵へ|特定リサーチャー All Rights Reserved.